「俳優」と「役者」は全く別の意味ってホント!?「俳優」がそもそも“人”じゃなかったことにも驚き

©(株)東京放送ホールディングス

映画やドラマ、舞台などに出演する人たちは「俳優」「役者」と呼ばれ、ほとんど同じ意味で使われていますよね。
でもこれらの言葉、もともとはまったく別の意味があり、登場した時代も大きく異なるのです。

「俳優」はもともと“人”を指す言葉ではなかった

「俳優」という言葉が生まれた時代は古く、奈良時代にはすでに歴史書『日本書紀』の中で使われていました。また、昔は「はいゆう」という読みではなく、「わざおぎ」という読みでした。

「俳優(わざおぎ)」とは、もともと『魔除けや豊作のために歌や踊りで神様を喜ばせ、神様の力=業(わざ)を招き寄せること』という意味を持つ言葉。

つまり、奈良時代の「俳優」とは『神様に向けて行う歌や踊りそのもの』を指す言葉であり、『何かを演じる人』という意味は持っていませんでした。

能や狂言から生まれた「役者」

一方、「役者」という言葉が登場するのは、室町時代以降のこと。室町時代以降に発達した能や狂言では、「楽器や歌を演奏する人」と「役を演じる人」という2種類の出演者が必要でした。

2種類の出演者のうち、「役を演じる人」のことを指した言葉が「役者」です。

『歌や踊り』を表す「俳優」とは違って、「役者」は最初から『人』を表す言葉だったのですね。

「俳優」と「役者」が同じ意味になった理由とは?

もともと違う言葉だった「俳優」と「役者」がほぼ同じ意味で使われ始めたのは江戸時代。江戸時代の能や狂言では、「役を演じるだけだった役者が、演目の中で歌や踊りも披露するようになる」という変化が起こります。

「役者(役を演じる人)」が「俳優(歌や踊り)」も担当するようになったことで2つの言葉が混同されるようになり、やがて「役者」と「俳優」はほとんど同じ意味の言葉として使われるようになりました。

そもそも「俳優」が神様を喜ばせる踊り、という由来だったのは驚きですよね。
別の言葉がいつのまにか同じ意味の言葉になってしまった、というのは他にもある話。このような「言葉の歴史」に興味がある方は、Catari内でも探してみてくださいね。

ちょっと気になる“差”を徹底調査この差って何ですか?(TBS系列火曜よる7時~)

「言葉の歴史」関連の記事

漢字の「わたなべ」が58通りも生まれた、今では考えられない理由とは?
和食と洋食…ではない?「出前」と「宅配」の違いとは
そう言えばなんでだろう?「泉」と「和泉」の違い