セルヒオ・ラモス、男前だ…「エンリケのために勝つ」と誓っていた

©株式会社コリー

敵地でマルタとのEURO予選を戦ったスペイン代表。試合前にはルイス・エンリケ監督が家族の事情により、この試合を指揮しないという発表があった。

その直後、セルヒオ・ラモスは指揮官を支えるというメッセージをSNS上で出していた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

セルヒオ・ラモス

「監督、僕らはこのニュースをとても気の毒に思っている。

可能な限り全てがうまくいくことを願っている。

このチームは死ぬまであなたとともにあるし、今日はいい勝利を掴みに行く。

家族は尊重すべきものだ。僕らはあなたのためにも勝つ。

たくさんの強さと勇気を。そして、ハグも」

【関連記事】 「スペイン代表を担う!飛び切りの逸材たち」

当初、不仲説もあったラモスとエンリケ。ただ、先日のノルウェー戦後、指揮官はキャプテンを「歴史的にも唯一の選手」と讃えている。