日産、ゴーン被告の子学費負担か

米大学、4人で総額6千万円

©一般社団法人共同通信社

カルロス・ゴーン被告

 【ニューヨーク共同】米ブルームバーグ通信は26日、日産自動車が2004~15年、前会長カルロス・ゴーン被告(65)の子ども4人が通った米スタンフォード大の学費を負担していたと伝えた。総額は約60万ドル(約6600万円)に上る可能性があるという。事情に詳しい関係者の話としている。

 日産による学費の負担は、ゴーン被告が最高執行責任者(COO)に就任した1999年から、日産と被告の契約に盛り込まれていた。だが、学費支払いは公開されている日産の文書には記載されていないという。

 スタンフォードなど米国の名門大学は学費が高額なことで知られる。