静岡でサクラエビの初競り

禁漁区設定、昨春より高値

©一般社団法人共同通信社

水揚げされたサクラエビ=27日午前、静岡市

 国内では駿河湾だけで水揚げされ、記録的不漁で昨年の秋漁を中止していたサクラエビの春漁が解禁となり、静岡市清水区の由比漁港で27日、初競りが行われた。5~11月に産卵期を迎えるエビを保護するため禁漁区を設け、資源回復を目指しながらの操業で約4トンが水揚げされた。

 初日の水揚げ量としては昨年春の8分の1強だったが、港に集まった漁業関係者からは「ひとまず漁が始まって良かった」と安堵の声が上がった。由比港漁業協同組合によると、由比市場では1箱(約15キロ)平均約10万7千円で、昨春より約6万5千円高かった。

 27日早朝、ピンク色のエビが入った約190箱が並んだ。