プロント、関空T1に新業態カフェ「ESPRESSO&BAKERY」を3月31日オープン

©Traicy Japan Inc,

プロントコーポレーションは、3月31日、関西国際空港第1ターミナルに新業態のカフェ「ESPRESSO&BAKERY(エスプレッソ&ベーカリー)」をオープンする。

ヨーロッパのカフェをコンセプトにしたスタンドカフェで、イタリア・ピエモンテ州で1882年に創業した老舗コーヒーブランド「CAFFÈ VERGNANO(カフェ・ヴェルニャーノ)」のコーヒーと、フランスのブーランジェリーブランド「Plaisir du TERROIR(プレジール デュ テロワール)」のベーカリーを販売する。アジア初となるスイス「schaerer(シェーラー)」のスーパープレミアムコーヒーマシンを設置した。

「schaerer(シェーラー)」のスーパープレミアムコーヒーマシンでは、1杯ずつバリスタが淹れたかのような本格的なコーヒーが提供できるとしており、利用者はセルフサービスで受け取る。紙製の蓋でホットドリンクを提供するほか、自然分解型ストローを採用するなど、地球環境保全にも配慮する。

場所は第1ターミナル北ウイング国際線ゲートエリア。営業時間は午前7時から午前0時15分、ラストオーダーは午後11時45分。