習近平主席、仏元老院議長と会見

©新華社

習近平主席、仏元老院議長と会見

26日、フランス・パリで、同国元老院のラルシェ議長(右)と会見する中国の習近平国家主席。(パリ=新華社記者/張領)

 【新華社パリ3月27日】中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は26日、フランス・パリで、同国元老院(上院)のラルシェ議長と会見した。

 習近平氏は次のように指摘した。世界が百年来経験したことがないほどの大きな変化に直面している時にあって、中仏は良好な戦略的パートナーシップを維持し、実務協力を推進してより多くの実りある成果を収め、両国関係のさらなる発展のために強固な基礎を築かなければならない。われわれは、双方の共同の努力の下で、中仏関係・中欧関係が歴史の流れに沿った方向に絶えず前進していくと信じている。これは双方の人民に恩恵を与えるだけでなく、世界の平和と繁栄にも役立つ。中国とフランスはともに「国連憲章」に基づく国際関係の基本準則の維持を主張し、自由貿易と多国間貿易システムの維持を主張している。

習近平主席、仏元老院議長と会見

26日、フランス・パリで、同国元老院のラルシェ議長(右)と会見する中国の習近平国家主席。(パリ=新華社記者/丁海涛)

 習近平氏はさらに次のように指摘した。中国はフランスとの文化、地方などの人的・文化交流を強めることを願っている。中国の全国人民代表大会(全人代)がフランスの元老院と交流・協力を強化することを支持する。

 ラルシェ氏は次のように表明した。フランスは仏中協力の深化に力を入れており、中国が採択したばかりの「外商投資法」は両国の経済・貿易投資協力のためにより大きな空間を提供するものだ。フランスは「国連憲章」に基づく多国間体制の維持を主張しており、中国と緊密に協調し協力したい。フランス元老院および各委員会は、中国の立法機関との交流・協力を強化したいと考えている。