宮古警備隊、敵に抗戦するためのミサイル保管へ 陸自が計画

©株式会社沖縄タイムス社

 沖縄県宮古島市上野野原(のばる)の陸上自衛隊宮古島駐屯地に、敵が上陸した場合に宮古警備隊が抗戦するための中距離多目的誘導弾(ミサイル)が保管される計画があることが26日、分かった。

 配備を容認している野原、千代田の両部落会は駐屯地に(1)ミサイルを保管しない(2)ヘリパッドを置かないこと-を防衛省に求めてきた。だが、駐屯地のグラウンドは緊急時にヘリの離着陸場となり、ヘリパッドの機能を担うことが判明している。ミサイル配備により両部落会が容認の前提とした、いずれの約束も守られないことが明らかとなった。

 防衛省は、宮古島駐屯地に「小銃弾等」を保管するとしていた。陸自によると、弾薬庫はミサイルも保管できるよう設計されており、有事には県外からの増援部隊の装備にも対応できるよう考慮されているという。中距離多目的誘導弾は対舟艇・対戦車用のミサイルで全国では陸自の普通科部隊に配備されている。

宮古島市の千代田カントリークラブ跡地に整備された陸上自衛隊の宮古島駐屯地。26日に警備部隊が新設された=25日午前、(小型無人機で撮影)