森保ジャパン 中島の1発でボリビアに辛勝

©株式会社日刊現代

森保ジャパン 中島の1発でボリビアに辛勝

17 Photos

26日、キリンチャレンジカップ2019・日本代表対ボリビア代表戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、後半31分に途中出場のMF中島翔哉のゴールで先制。これが決勝点となり、日本代表が1-0で勝利した。22日のコロンビア戦から先発総入れ替えで臨んだ一戦。MF香川真司は代表初キャップとしてトップ下に入るも動き、コンビネーションに精彩を欠く。後半中盤には、MF堂安律、MF中島翔哉、そしてMF南野拓美などが次々と交代でピッチへ。すると攻撃のスピードが増し、連携もよくなった。そして後半31分に南野からのパスを右足で振り抜き決勝弾を決めた。

コロンビア戦の先発から総入れ替えを行ったボリビア戦イレブン

両チームのスターティングイレブン

ピッチサイドでテレビ番組に出演していた、ヴィッセル神戸のビジャ(左)とイニエスタ(右)

森保一日本代表監督

代表初キャプテンでプレーする、MF香川真司(10)

左サイドに入ったMF乾貴士(14)

右サイドでプレーするMF宇佐美貴史(11)

A代表初選出のFW鎌田大地(18)は1トップでプレー

後半16分、宇佐美に代わって出場したMF堂安律(21)

後半23分、MF小林祐希と交代し、駆け回るMF柴崎岳(7)

後半16分、乾と交代したMF中島翔哉(8)。スピードあるドリブルで敵陣に攻め込む

後半31分、先制のゴールを奪ったMF中島翔哉(8)

DF佐々木翔(右)と握手を交わす中島(8)

試合終了のホイッスル

観客に挨拶をして回る、日本代表メンバー

サポーターの前で挨拶をする日本代表メンバー

ロッカールームへ引き上げる、決勝弾のMF中島翔哉

撮影:稲葉訓也

撮影日:2019年03月26日