英首相、合意案下院可決で辞任へ

EU離脱実現に退路断つ

©一般社団法人共同通信社

英国会議事堂を車に乗って離れるメイ首相=27日、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】メイ英首相は27日の与党会合で、下院で2度否決された欧州連合(EU)離脱合意案を巡り、週内の実施を目指す3度目の採決で可決されたら辞任する意向を表明した。混迷が収まらずに29日の離脱が延期となり、与党や閣内から辞任圧力が強まっていた。首相自ら退路を断ち、歴史的なEU離脱手続きは最大の正念場を迎える。ただ合意案への与野党の反発は根強く、仮に採決が実施されても、合意案が下院を通過できるかどうかはなお不透明だ。

 EU首脳会議は先週、英下院が29日までに合意案を可決できれば5月22日までの延期を認めると決めた。