浅草から会津若松まで232.7kmを一気に【私鉄に乗ろう81】東武鉄道 その14

©株式会社エキスプレス

事業用車両が駐まっていました。

姫宮駅から2.6km、浅草駅からは41.0kmで東武動物公園駅。実乗車時間は、浅草から65分でした。

東武動物公園駅で伊勢崎線と日光線が分かれます。日光線の起点駅です。島式ホーム2面4線。駅舎は橋上。

駅名標。左側、上が日光線杉戸高野台、下は伊勢崎線和戸。1899年(明治32年)杉戸駅として開業。日光街道の宿場、杉戸宿に基づく駅名です。1929年(昭和4年)には日光線が東武日光まで開通。1981年(昭和56年)東武動物公園の開業にともない東武動物公園駅に改称されました。日比谷線の乗入れ区間も東武動物公園まで延長されました。さらに日比谷線は2013年に南栗橋まで乗入れるようになります。

2003年(平成15年)には、東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線の直通運転も始まりました。

東急田園都市線からの急行久喜行です。

この日2018年11月30日、実際は、東武動物公園駅で乗り換えて伊勢崎方面に向かいました。でも、記事は日光線で新藤原方面を目指します。翌12月1日に伊勢崎から東武動物公園駅まで戻って、改めて日光線で新藤原方面をめざした際の記録です。

日光線は、東武動物公園駅から下今市まで87.4km、下今市からは、鬼怒川線で新藤原まで16.2km。さらにその先は野岩鉄道会津鬼怒川線新藤原駅〜会津高原尾瀬口駅30.7km。会津鉄道の会津高原尾瀬口〜会津若松57.4km。浅草から会津若松まで232.7kmを一気に書きます。この区間全駅を各駅停車で旅するモノ好きはあんましいないと思います。諦めて笑いながらご覧ください。

南栗橋行各駅停車は東京メトロ日比谷線の新型13000系です。初めて乗ります。

日光線で南栗橋に向かいます。

これが東京メトロ日比谷線の新型13000系先頭車両。

運転席です。

3,2kmで杉戸高野台駅。島式ホーム2面4線。

では、【私鉄に乗ろう81】東武鉄道 その15 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

「【私鉄に乗ろう 81】東武鉄道」一覧