「対話と協調」 戦争の抑止力 平和テーマに学習会

©株式会社長崎新聞社

 東アジアの平和と共生をテーマにした学習会がこのほど、長崎市内であり、元長崎新聞記者の蓑田剛治さん(68)が「戦時中の日本の加害の歴史を直視することが必要」と述べた。
 蓑田さんは中国東北地方を旅し、歴史博物館などを巡って加害の足跡をたどった経験や、記者として感じてきたことを紹介。歴史への理解を深めることが、拉致問題などの進展につながるとした。
 その上で戦争の真の抑止力となるのは「対話と協調」と説明。「非核と不戦を訴え続ける長崎の役割は大きい」と話した。
 学習会は市民団体「自主・平和・民主のための広範な国民連合・長崎」が主催。約20人が参加した。

東アジアの平和と共生をテーマにした学習会=長崎市魚の町、市男女共同参画推進センター・アマランス