加藤茶の45歳年下妻・綾菜に「勘違いしてごめんね」将来は…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

加藤茶 

(C)まいじつ

お笑い界の大御所、加藤茶の妻でタレントの綾菜が3月26日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演した。綾菜は2011年、加藤が68歳のときに入籍し、45歳の〝年の差婚〟が話題になったが、その後、ネット上でたびたびバッシングされていた。

「結婚2年目に加藤が病気で入院した際には、綾菜が『毒を盛った』などと中傷されました。また、加藤が不在のときにたびたび、モデルをしている友人などを家に招き入れ、大騒ぎして管理人に注意されたこともあります。加藤は『ザ・ドリフターズ』の関連グッズの印税収入などが今でも年間1億円くらいあるといわれており、年の差婚の綾菜には〝後妻業〟疑惑がずっとくすぶっている状態です」(芸能記者)

綾菜はそんな数々の悪評を否定するように、番組内で加藤との熱愛ぶりを披露。特に加藤の健康面にはかなり気を使っているようで、手作りのパンを焼いたりするなど、食事面には一切手を抜かないことを告白した。

ネット上ではそんな綾菜の一面に、

《何か意外と良妻なんじゃね》
《すごく悪妻だと思っていたけど、実はいい奥さんなんだな》
《結婚当初よりもイメージ良くなった》
《印象変わった。良い印象! 勘違いしててごめんなさい》
《地に足の着いた好感持てる女性だった》

など、感心する声が上がった。

 

良妻ぶりが広まりイメージ急上昇

「綾菜は加藤の脇の下が〝バニラ臭〟がするのでいつも匂いを嗅いでいるなどと、その親密ぶりをアピールしていました。辛口コメントで有名な作家の岩下尚史氏も『あなたのこと誤解していた』とコメントしたほど。また、パリピ風だった雰囲気から、30歳を過ぎて落ち着いた大人の女に変わってきたのも好印象でしたね」(同・記者)

過去にはとんかつなど高カロリーな揚げ物の手料理写真をSNS上にアップしたことで、散々非難を浴びた綾菜。しかしその後は反省し、必死に料理の勉強をしたという。最近は、栄養バランスを考えた料理をきちんと食卓に並べているといい、加藤との仲もさらに深まっているようだ。

一時は「若い女なら誰でもいいのか」と加藤自身にも苦言を呈する声が上がったが、周囲の声に惑わされることなく8年間、愛を貫いたことを評価する声も多い。

ここに来て急激に評価が高まっている綾菜。今後は、まさかの〝ママタレ〟で活躍することもあるかも!?

加藤茶の45歳年下妻・綾菜に「勘違いしてごめんね」将来は…はまいじつで公開された投稿です。