健康寿命、75歳以上を目標

40年までに、厚労省研究会

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省の有識者研究会は28日、寝たきりで介護が必要な状態になるなど、健康上の理由で日常生活が制限されることがない期間を示す「健康寿命」を現状より3年以上延ばし、男女とも75歳以上となるように目標を定めた報告書を公表した。高齢者数がピークを迎える2040年までの実現を想定している。

 厚労省は、40年に向けて社会保障制度の在り方を検討するための省内組織を設置している。報告書を踏まえ、健康寿命延伸のための政策を夏までにまとめる方針。

 健康寿命は国民生活基礎調査で「不健康」とした人の性別や年齢別の割合、人口などから3年に1回算出している。