「幻のラン」身近に感じて 熱帯ドリームセンターでイリオモテラン見頃

©株式会社琉球新報社

 本部町の海洋博公園内の熱帯ドリームセンターでイリオモテラン50株が見頃を迎えている。直径3センチほどで、3月中は黄色と褐色のトラ模様の花を楽しめる。

 イリオモテランは国内では石垣島、西表島、尖閣諸島の一部にのみ自生する。県のレッドデータブックにも記載され、自然界ではほとんど見ることができない。センターでは、種子から増殖させた株を展示している。

 センターの瀬底奈々恵さんは「『幻のラン』を身近に感じ、香りを楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。(本部)