県議選きょう告示

©株式会社長崎新聞社

 あちこちに立候補者のポスター掲示板が立てられ、選挙事務所の看板には派手なスローガンが目に付くようになっていた▲街角の風景は少しずつ選挙モードに変わっていたが、いよいよ本番だ。統一地方選の第1ラウンド、県議選がきょう告示される。掲示板に真新しいポスターが貼られ、選挙カーが県内各地を駆け巡ることになる▲県内にはさまざまな課題が山積している。人口減少対策、産業振興、交通網整備、石木ダム問題…。各候補者は路上で、集会で、持論を展開し支持を訴える▲選挙戦はどれくらい盛り上がるだろう。いくつかの選挙区では無投票が予想され、候補者の訴えは1日限りとなりそうだ。有権者には政策を選択する機会が与えられずに当選者が決まる▲県議選の投票率は2003年以降低下しており、過去最低だった前回はほぼ2人に1人が棄権した。県民の声を県政に反映させるには寂しい数字で、さらなる低下が心配だ。日頃の議員活動が見えにくいのか、「誰が議員になっても同じ」と漏らす人もいる▲有権者にそう思わせないための魅力的なビジョンや政策が、候補者には求められているだろう。準備は万端だろうか。「必ず選挙に行く」と決めている有権者もいる。そんな1票が生きるような、熱く鋭い政策論争を期待している。(泉)