福井県議選告示、47人が立候補

©株式会社福井新聞社

福井県議選の選挙区と各区の定数

 統一地方選の福井県議選が3月29日に告示された。午前10時50分現在、定数37に対し計47人が立候補を届け出た。県内12選挙区のうち福井市、坂井市、敦賀市など8選挙区は選挙戦に突入した。当初無投票とみられていた坂井市も選挙戦に入った。一方、吉田郡、勝山市、鯖江市、越前市・今立郡・南条郡は無投票の公算が大きい。知事選と同じ4月7日に投開票される。

〓D刊に特集「統一地方選ふくい」

 立候補予定者は現職30人、元職3人、新人14人。党公認は自民27人、立憲民主、公明、共産各1人。無所属は17人で、女性は前回と同じく、3選挙区に3人が出馬。

 福井市は定数12に対し15人が出馬予定で、3人超の混戦。定数3の敦賀市と小浜市・三方郡・三方上中郡はそれぞれ4人、定数2の大野市は3人が出馬する見込み。坂井市(定数4)は、現職4人に加え、坂井市丸岡町北横地、建設作業員の無所属で新人の高井陽一氏(64)が立候補の届け出を済ませた。定数1のあわら市、丹生郡、大飯郡は、いずれも一騎打ちになる見通し。

 立候補届け出は3月29日午後5時まで。

〓県知事選と県議選4月7日に開票速報