迫り来るペットの介護社会 飼い主が、その前にしてあげたい事とは

©株式会社ニッポン放送

ニッポン放送「しゃベル編集部」では、エンタテインメント、グルメ、スポーツなど様々な情報を紹介している。今回は、第9回インターペットの情報を紹介する。

 

犬、猫を始め、最近では爬虫類など、ペット人気は、そのすそ野を広げていますが、そんなペットを飼っている皆さんが直面している問題が《高齢化によるペット介護》です。

犬全体の平均寿命は14.29歳、猫全体の平均寿命は15.32歳。犬は超小型犬、小型犬の寿命が長く、また猫の場合は、「家の外に出ない」猫の平均寿命は15.97歳、「家の外に出る」猫の平均寿命は13.63歳と寿命に大きな差がありました。
(一般社団法人ペットフード協会 調べより)

昔に比べて、ペットフードが良くなったり、生活環境の向上から、犬も猫も、飼い主と長く生活する時間が増えています。

今では、高齢の犬猫向けのペットフードや、紙おむつが販売されたり、加齢から腰を痛めたり、脚力が弱くなった老犬を補助する為に、特製ハーネス(安全ベルトの一種)が、犬種別に作られたり、人間並み、それ以上に、介護グッズが存在しています。

しかし、《元気な頃から、健康に気を付けてあげれば...より長く一緒にいる事が出来るはずです。》
ペットが若くても、年老いていても、言葉がしゃべれないペットの健康状態を、飼い主が把握する事は、とても難しい事だと思います。そんなペットの健康状態を、飼い主が把握でき、さらにリアルタイムデータが主治医にも届いていたら...そんな想いを実現すべく、現在のペット用品には、IoT・AIを駆使したペット用の「ヘルステック」(ヘルスとテクノロジーを組み合わせた造語)を使い、ペットの健康状態を見える化する器具が増えて来ています。

■ペットガジェット「Plus Cycle(プラスサイクル)」/(株)日本動物高度医療センター
https://pluscycle.jp/

写真の手前にあるピンクとブルーの丸いキーホルダーのようなもの。これは、独自開発した小型犬や猫にも装着できる活動量計で、これを首輪などにつけ、活動量とジャンプ数を24時間測定し、異常があるときは専用アプリでお知らせしてくれます。
さらに、日本各地にある動物病院と提携をしていて、主治医がその提携している病院ならば、主治医からもそのデータを見る事が出来、病院から連絡が来たり、より詳しく、正確に診察してもらう事ができます。
(*活動量計とは、人間が使うものでいえば、アップルウォッチなどのスマートウォッチについている機能です。ランナーの方は、使っている方も多いのではないでしょうか)

■AI & IoT猫用システムトイレ型「ペットケアモニター」/シャープ(株)
https://pethealthcare.sharp.co.jp/

なにか、お風呂に浸かっているような写真になってしまっていますが...(苦笑)
シャープと獣医師の共同研究で出来た製品。愛猫の体重、排尿量、尿回数、滞在時間、設置場所周辺の温度を自動的に記録、飼い主のスマートフォンにお知らせし、愛猫の健康維持・管理をサポートしてくれるそうです。オプションの個体識別バッジをつけると、多頭飼いにも対応できます。
今回初登場という事で、担当者の方に話を聞くと、「これが完成ではありませんので、ぜひ見かけた時には、色々なご意見を聞かせてください」とおっしゃってました。早速、「トイレとしては、サイズが小さい」などの意見があったそうです。

■AI Dr.ホームズ うちの子健康相談アプリ/PAIR(株)
http://pair-ai.com/

獣医師・農学博士石卓夫さん監修 人工知能(AI)を使った犬猫健康相談無料アプリです。
アプリは、AppStore、GooglePlayからダウンロード可能。AIのホームズ博士が、ペットのちょっとしたお悩みに、いつ何時でも答えてくれるそうです。人工知能ですから、夜中でも大丈夫ですね。そのほか、健康チェック機能、ペットの健康と予定を簡単に一元管理できるカレンダー機能、あなたのペットに特化した役立つ情報を定期的に配信してくれるホームズ通信の4つの機能があります。

このようなIoT、AIを使ったペットの健康管理グッズやペットフード、ファッション、アクセサリーなど、いろいろな企業ブースと、さかなクンのお魚セミナーや専門家によるトークショー、撮影会やイヌリンピックなど、ペット同伴でこれる展示会

■「第9回インターペット ?人とペットの豊かな暮らしフェア-」
3/29(金)~31(日) 東京ビッグサイトで開催中
http://www.interpets.jp/public/

 

ペットと一緒に来ると、ペットには、おやつが貰えたり、ペットには、うれしい事が待っているはず。
さらに、30(土)31(日)は、ヴィーナスフォートからインターペットの会場まで、送迎バスが運行します。リードのまま、バギーOK!ペットと一緒に、会場までの道のりも楽しめます。
(*ペット同伴で御来場の場合は、会場受付で誓約書の提出があります。HPから事前にダウンロードもできます。)

 

第9回インターペット -人とペットの豊かな暮らしフェア-
http://www.interpets.jp/public/
3月29日(金)~31日(日)
東京ビッグサイト 東2・3・7・8ホール 10:00~17:00
入場料:大人2,000円(中学生以上)
*小学生以下、ペットの来場は無料
*障害者手帳をお持ちの方および同伴者1名無料

同時開催:FCIジャパンインターナシオナルドッグショー2019
3月29日(金)~31日(火) 8:30~17:00
東京ビッグサイト 東5・6ホール
*ドッグショーは犬のみ同伴可
*インターペットの入場証を提示で割引料金で入場が可能

 

(Write&Photoよこいみちひと)