フェデラー 快勝でベスト8入り。18歳オジェ アリアシムが初のマスターズベスト4進出

©株式会社WOWOW

「ATP1000 マイアミ」でのフェデラー

■「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月20~31日/ハードコート)

現地27日の大会8日目。男子シングルス4回戦で、第4シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第13シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。6-4、6-2でフェデラーが勝利し、ベスト8進出を果たした。

この試合は現地26日に行われる予定だったが、雨の影響で27日に順延となっていた。

23歳の若手メドベージェフにわずか61分で勝利したフェデラー。ATP(男子プロテニス協会)公式サイトによると、試合後には「とてもいい感じだと思うよ。今日の試合に本当に満足できている。明日への自信になることを願っているよ」と語った。

男子シングルス準々決勝では、予選勝者の世界57位フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)が第11シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)と対戦。7-6(3)、6-2でオジェ アリアシムが勝利し、自身初のマスターズ1000ベスト4進出を決めた。

このほか、第7シードのジョン・イズナー(アメリカ)は第22シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に7-6(1)、7-6(5)で勝利した。同大会連覇を狙うイズナーは、準決勝で18歳オジェ アリアシムを迎え撃つ。

一方のバウティスタ アグートは、4回戦で王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破る金星を挙げていたが、どちらのセットもタイブレークに突入する接戦の末に敗れた。

■「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/3月19~30日/ハードコート)

大会9日目、女子シングルス準々決勝。第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第18シードのワン・チャン(中国)と対戦。6-4、7-5でハレプが勝利し、同大会4年ぶりとなるベスト4進出を果たした。

今回の勝利でチャンに対し2連勝としたハレプ。同大会で決勝に進出すると世界ランキング1位に返り咲くことが決まっており、女王の座奪還に向けてあと1歩と迫った。

なお、ハレプは準決勝で、第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。プリスコバは、同日の準々決勝で世界59位のマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)を破っての勝ち上がり。

◇ ◇ ◇

【3月27日 主な試合結果】

◆「ATP1000 マイアミ」

男子シングルス4回戦

〇[4]ロジャー・フェデラー(スイス)6-4、6-2 ●[13]ダニール・メドベージェフ(ロシア)

男子シングルス準々決勝

〇[Q]フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)7-6(3)、6-2 ●[11]ボルナ・チョリッチ(クロアチア)

〇[7]ジョン・イズナー(アメリカ)7-6(1)、7-6(5) ●[22]ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)

男子ダブルス準々決勝

〇[1]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)7-6(5)、7-5 ●[5]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)

〇[3]ボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)6-3、6-4 ●ロハン・ボパンナ(インド)/デニス・シャポバロフ(カナダ)

◆「マイアミ・オープン」

女子シングルス準々決勝

〇[2]シモナ・ハレプ(ルーマニア)6-4、7-5 ●[18]ワン・チャン(中国)

〇[5]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)6-3、6-4 ●マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)

女子ダブルス準々決勝

エリース・メルテンス(ベルギー)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)6-2、6-2 ●[5]ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 マイアミ」でのフェデラー
(Photo by TPN/Getty Images)