都出資団体社長に知事秘書

小池氏「天下りではない」

©一般社団法人共同通信社

 東京都の小池百合子知事は29日の記者会見で、都が51%出資する監理団体「東京水道サービス」の社長に、知事特別秘書の野田数氏(45)を推薦すると明らかにした。「適材適所であり、天下りには当たらない」としている。

 野田氏は3月末で特別秘書を退任する。今後、同社役員会や株主総会を経て社長に就任する見通し。同社は水道施設の調査などが業務。

 野田氏は小池氏が衆院議員時代に秘書を務め、東京都東村山市議を経て、2009年から12年まで都議。16年8月の小池氏の知事就任日に特別秘書に任命された。17年には小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の代表も務めた。