関電、3原発の降灰想定引き上げ

福井で最大2倍超、再稼働審査後

©一般社団法人共同通信社

鳥取県大山、福井県美浜原発、大飯原発、高浜原発、京都市

 関西電力は29日、福井県の美浜、大飯、高浜3原発について、火山の大規模噴火が起きた場合に敷地内に降る火山灰の厚さの想定を最大で2倍超に引き上げるとする報告書を原子力規制委員会に提出した。原発に想定超の火山灰が降ると、非常用ディーゼル発電機の吸気フィルターの目詰まりなどが懸念される。関電は「現在の建物や設備で耐えられることを確認しており、安全上問題はない」としている。

 降灰の厚さは従来、鳥取・大山が噴火した場合などで、いずれも10センチと想定。規制委は3原発が既に合格した再稼働審査で、この想定を妥当としたが、昨年末、異例の影響評価の見直しを指示した。