松任谷由実が「WBS」のEDテーマ書き下ろし!! インタビュー出演も!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系の経済番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(月~金曜午後11:00)で、4月1日からの新たなエンディングテーマ曲を松任谷由実が担当することが分かった。楽曲は「WBS」のために書き下ろした新曲「深海の街」で、新しいユーミンサウンドで1日の終わりをスタイリッシュに締めくくる。さらに、4月1日には新エンディングテーマの披露を記念して、WBSにユーミンの出演が決定。3月29日放送回では、出演に先駆け大江麻理子キャスターによる楽曲制作インタビュー予告編として、その一部が公開される。

大江キャスターは「松任谷由実さんにお会いした時、以前から『WBS』をよくご覧になっていると伺い、天にも昇る心地でした。そして、番組をよくご存知の松任谷由実さんが作る『WBS』のエンディングテーマ曲は一体どんなものになるのだろうと、楽しみで仕方がありませんでした。後日、出来上がった曲を聴いて、これから『WBS』の終わりにこの曲を聴くのが楽しみで仕方がなくなりました。私はこの曲を聴いていると、夜の高速で車を走らせたい気分になります。(といってもペーパードライバーなので気分だけですが。)いろいろな思いを抱えながら、『明日へと続く道』をさっそうと駆け抜けていくようなイメージが浮かぶのです。春からの『WBS』、そして1日を締めくくる松任谷由実さんの歌声にどうぞご期待ください」とアピールした。

野口雄史チーフ・プロデューサーは「『WBS』のエンディングテーマの作成にあたり、松任谷由実さんと松任谷正隆さん、そしてスタッフの皆さんと打ち合わせをさせていただきました。松任谷由実さんからは『都会』『夜の海』『フュージョン』と、イメージされている言葉が次々に口をついて出てきます。その時に、すでにある程度の曲のイメージができていたのかもしれません。そして、いただいた曲を聴いた時に、『えっ!』と、その新しさと世界観に感動しました。何回も何回も聴き直してしまいました。『WBS』に新しい彩りを加えていただけることは間違いないでしょう。4月からの『WBS』で毎日、エンディングテーマとして聴けるかと思うと楽しみでなりません」と楽曲制作の経緯を語り、反響への期待を寄せている。