ラグビー日本代表候補、初戦敗北

NZ遠征中の強化試合

©一般社団法人共同通信社

強化試合で激しいタックルを受ける姫野=ポリルア(共同)

 【ポリルア(ニュージーランド)共同】ニュージーランド遠征中のラグビー日本代表候補は29日、ポリルアでスーパーラグビーのハリケーンズ(ニュージーランド)下部チームと強化試合を行い、31―52で敗れた。

 前半にモールなどで3トライを奪ったものの防御が崩れて4トライを許し、19―28で折り返した。後半も失点を重ね、WTB尾崎、CTB梶村(ともにサントリー)がトライを挙げたが点差を縮められなかった。

 9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に向けて2月に始動した日本代表候補は今回が初めての実戦。4月5日に強化試合を行って一度帰国し、その後も3試合を戦う。