文科大臣をとりこにしたヨガ講師、100人と婚活後にデキ婚

©株式会社光文社

2009年の現役グラドル時代

2018年5月に、林芳正文部科学大臣(当時)が、連日、公用車で通っていた場所として、話題になったヨガスタジオ「ポジティブスターヨガ」。代表の庄司ゆうこ氏は、報道後の現状をこう語る。

「『週刊文春』での報道時は『セクシーマッサージ』、『元セクシー女優』などと誤報もあり、怒り心頭でした。

でも、記事で話題になったおかげで、ヨガスタジオもヨガ整体もお問い合わせや申し込みが増え、騒動後に売り上げが3割増しになったんです。これは嬉しい誤算でした」

元グラビアアイドルで、現在は年商数千万円を誇る実業家である彼女が今回、結婚・妊娠を発表し、本誌ではマタニティヌードを披露。そもそも2018年の騒動時は「独身」だったはずなのだが……。

「2018年の1月から3月に、そろそろ結婚して子供を産みたいという気持ちが強くなり、本気で婚活してました。お見合いや合コンで100人以上の男性と会ったんです。

そのなかのひとりが、今の主人です。交際を開始した直後に見事に妊娠して、授かり婚となり、2018年10月に入籍しました。出産予定は4月上旬です」

いま臨月ヌードを披露する理由はなんだろうか。

「けっして炎上狙いではなく、『いつか、臨月の姿を写真に残そう』と20代のころから、写真家の山岸伸さんと約束していたんです。その約束を10年以上たって、やっと果たせました」

しょうじゆうこ
35歳 1984年2月22日生まれ 兵庫県出身 T160 2007年、グラビアアイドルとしてデビュー。2010年、株式会社ポジティブスターヨガを設立し、2012年にグラビアアイドルを卒業。ヨガスタジオの経営に専念する。そのほか最新情報は、公式Instagram(@yuko.shoji)にて

写真・山岸伸

(週刊FLASH 2019年4月2日号)