大きく変わったビジネスモデル 15年目を迎える四国アイランドリーグplus

©株式会社Creative2

四国アイランドリーグplusは今季15年目を迎える

3月30日に新シーズンが開幕、平たんではなかったここまでの道のり

 四国アイランドリーグplusは3月30日、15年目のシーズンを迎える。ここまでの道のりは平たんではなかった。

 四国アイランドリーグは、日本で初めて誕生した「プロ野球独立リーグ」だ。西武、ダイエーで活躍し、オリックスの監督も務めた石毛宏典氏が、2004年に構想を発表してスタートした。プロを目指す選手に新たなプレーの場を与えるとともに、地域のスポーツ振興が目的だった。ときにプロ野球界は「球界再編」で大揺れに揺れていた。そのさなかの9月30日に石毛氏は設立構想を発表したのだ。

 四国四県に球団が設立されたのは翌2005年2月。そして4月23日にリーグの運営会社IBLJが設立され、29日に1年目のペナントレースが始まった。しかし四国アイランドリーグは。それから1か月足らずで、経営難に陥る。そこで、リーグのスポンサーだった企業が経営を引き継いだ。IBLJ本社も東京都からこの年6月に、香川県高松市に移された。

 当初、四国アイランドリーグは、プロ野球への選手の輩出と、野球興行をビジネスの柱にしていた。NPBとの間で、プロ野球に移籍する際には契約金と初期の年俸の一部を四国球団の収入にすることが取り決められていた。2013年ドラフト2位で中日に入団した香川の又吉克樹のように、高額の契約金が発生すると独立リーグ側にも大きな収益がもたらされる。

 しかし、そのビジネスモデルでは地元の支持は得られなかった。そこで四国アイランドリーグは地元密着へと大きく舵を切った。1年目はIBLJが、香川、徳島、愛媛、高知の4球団を運営していたが、2006年には4球団が個別の運営会社として独立。各県に縁のある経営者が、独自色を出して経営をするようになった。

 ただ、その道のりは平たんではなかった。各球団ともに経営破綻の危機を迎え、経営陣、支援企業が入れ替わっている。愛媛マンダリンパイレーツは2010年から愛媛県、県内市町村、弐元金融機関が支援をする「県民球団」になっている。

 2007年に日本で2つ目の独立リーグ「BCリーグ」が誕生。この年から独立リーグの日本一決定シリーズであるグランドチャンピオンシップが行われるようになった。BCリーグ(現ルートインBCリーグ)と四国アイランドリーグplusは2014年、日本独立リーグ野球機構を設立。両リーグはリーグ運営面やビジネス面で強く連携している。

日本野球のすそ野として、重要な役割を果たしている四国アイランドリーグplus

 2008年には福岡と長崎に2球団が誕生し、6球団体制となる。リーグの名称も四国・九州アイランドリーグとなったが、福岡は2009年限りで撤退。2010年には長崎が撤退。2011年には三重が新加入したが、1年で撤退した。しかし以後も加盟をめざす準加盟球団があり、リーグの名称は2012年以降、四国アイランドリーグplusとなっている。

 2014年オフ、四国アイランドリーグplusは、設立10周年を迎えた。それまで、各球団は経営難に陥るとJBLJに支援を仰いできたが、以後、完全に独立採算制に移行した。また翌2015年から北米遠征選抜チーム「四国アイランドリーグplus ALLSTARS」が、米独立リーグと交流戦を行うこととなった。そのために6月はリーグ戦が中断された。北米遠征は2016年まで、続けられた。

 昨年まで、四国アイランドリーグplusからNPBには、52人の選手がドラフト、育成ドラフト指名を経て移籍している。2011年には7人の選手がNPB入りしたが、昨年は1人だけ。球団数を増やしているルートインBCリーグに選手が集まるようになり、NPB選手の市場としては、やや陰りが見えている。

 当初の独立リーグのビジネスモデルは、大きく変わっている。入場料収入やグッズ売り上げは、収入の数パーセント。ドラフト指名も少ないので、NPBへの移籍に伴う収入もほとんどない。収入の大部分は、地元企業のスポンサー収入となっている。それも大企業ではなく、十万円前後の少額のスポンサーフィーを支払う中小企業が中心だ。どの球団にも100以上のスポンサーがついている。

 このため、各球団は地元に密着し、野球教室や施設の訪問、清掃活動など様々な地域貢献活動を行っている。当初は、おらが町の球団を応援するためにスポンサードしていた地元企業だが、人材難とともに、元選手を社員として受け入れたいというニーズが高まってきた。

 こうしたニーズに応えるために、各球団は選手が現役の間から、名刺の渡し方から始まるビジネスマナーの教育をするようになった。また、リーグもシーズン中も選手が、野球の傍ら企業で働くことができるようにルールを改正した。

 15年目を迎える四国アイランドリーグplusは、設立当初からは大きく変化している。しかしNPBを頂点とする日本野球のすそ野として、重要な役割を果たしている。野球界やファンも独立リーグの存在意義を理解するようになった。
現時点でも経営的に厳しい球団があるが、4球団が健全に運営されることは、野球界全体にとっても重要なことだといえるだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)