2021年のジロ・デ・イタリアはシチリア島で開幕

©株式会社八重洲出版

シチリア島はジロ主催者のRCSスポルトと3年契約を交わした

ジロ・デ・イタリアを主催するイタリアのRCSスポルトは、4月3日から6日に開催するイル・ジロ・ディ・シチリア(ヨーロッパツアー2.1)のコース発表を3月26日に行った際、シチリア島と3年契約を交わしたと発表した。この契約には、イル・ジロ・ディ・シチリア開催だけでなく、来年のジロ・デ・イタリアでの3ステージを開催することと、2021年のジロ開幕地になることも含まれていた。ジロ・デ・イタリアがシチリア島で開幕するのは2008年以来となる。

1907年に創始し、1977年以来休止していたイル・ジロ・ディ・シチリアは、42年ぶりで復活することになる。4日間のステージレースは、最終日に標高1892mのエトナ山頂上ゴールが設定されている。今大会には18チームが参加する予定だが、北のクラシックシーズンということもあり、UCIワールドチームはUAEチーム・エミレーツだけだ。

イル・ジロ・ディ・シチリアのコースマップ (MAP : RCS Sport)

イル・ジロ・ディ・シチリア公式サイト

ジロ・デ・イタリア公式サイト