J1鹿島、30日、敵地で磐田戦 右サイドの攻防鍵

©株式会社茨城新聞社

磐田戦に向けて調整する土居(右)と安部=クラブハウスグラウンド

明治安田J1第5節第2日は30日、各地で6試合が行われ、6位の鹿島はヤマハスタジアムで16位磐田と対戦する。キックオフは午後3時。通算成績は2勝1分け1敗、勝ち点7。

2週間ぶりのリーグ再開。安西、町田、安部は日本代表の活動から戻っての連戦となる。中断期間中は白崎が練習試合で好パフォーマンスを見せ、小池が期限付き移籍で加入。計算できる戦力がそろってきた。

磐田は今季2分け2敗と低迷している。だが昨季の対戦は2戦2分けだったこともあり、選手は気を引き締めている。土居は「はたから見れば結果が出ていない相手でも、そういう目で見ずにしっかりたたくというのが、現状で必要なこと」とうなずく。

ポイントとなるのは右サイドの攻防だ。磐田のアダイウトンは力強い突破を持ち味とする一方、守備の貢献度は低い。上り調子のレアンドロを生かすようなボール運びができれば、磐田の攻撃力は半減するだろう。大岩監督は「お互い推進力がある選手同士。そこは駆け引きになる。特長とウィークポイントは紙一重。突いていくべきゾーン」と話した。

前節の札幌戦は中盤のスペースを消す守備が機能。磐田戦は相手の陣形が読めない部分もある中、永木は「守備からという意識より、先制点を取ることが大事。前半は堅い展開になると思う」と1点の重みを強調した。(岡田恭平)