法政大学と北海学園大学が単位互換を目的に協定

©大学ジャーナルオンライン

法政大学と北海学園大学は、単位互換を目的とした学生交流に関する協定を締結。2019年3月27日には、法政大学市ケ谷キャンパスで調印式を開催する。

法政大学と北海学園大学は、これまで他の大学・大学院と単位互換を目的とする協定を締結し学生交流を行ってきたが、東京都、北海道にキャンパスを有する大学と行うのは今回がはじめてのケースとなる。この協定締結により、両大学の学生が相互に相手大学・学部の授業科目を履修することが可能となり、また、履修した科目の単位は自身が所属する大学の卒業に必要な単位として認められるようになる。協定の対象は、両大学の法学部とし、2020年度から学生交流を開始する。 今回の協定により、両校とも異なる地域や大学で学習できる環境が一層整備され、多様な学びを実現する機会を得ることができた。

なお、法政大学は、内閣府が実施する「平成30年度地方と東京圏の大学生対流促進事業」に応募し、「東京から沖縄へ、沖縄創生のための課題解決型人材育成プログラム」が採択された。現在沖縄県内の大学と連携して単位互換学生交流等を推進している。今回の法政大学と北海学園大学の単位互換学生交流も、東京圏と地方圏の大学生の対流等を通してそれぞれの地域の特色や魅力を経験し地域に根差した人材を育成することを目的とする内閣府の事業の1つのプログラムとしても位置付け、両大学の学生交流を推進していく。

参考:【法政大学】法政大学と北海学園大学が単位互換学生交流に関する協定を締結 3月27日(水)法政大学市ケ谷キャンパスで調印式を開催