西武栗山、今季1号は逆転2ラン! 「ホームランになるとは思いませんでした」

©株式会社Creative2

逆転2ランホームランを放った西武・栗山巧【画像:(C)PLM】

1点を追う2回2死一塁から中堅ホームランテラスへ飛び込む逆転の1号2ラン

■ソフトバンク – 西武(30日・ヤフオクドーム

 西武の栗山巧外野手が30日ソフトバンクとの2回戦(ヤフオクドーム)で今季1号の逆転2ランホームランを放った。

 初回に西武・先発の今井がいきなり無死満塁のピンチを背負ったが、1失点で切り抜けた直後だった。2回2死から外崎が右前打で出塁。続く栗山はミランダが投じた144キロのストレートを弾き返すと打球は中堅のホームランテラスに飛び込む逆転2ランとなった。

 昨季はリーグ戦、クライマックスシリーズでミランダから本塁打を放っている栗山は「コンパクトにいいスイングができました。ホームランになるとは思いませんでした」と振り返った。プロ18年目、頼れるベテランの一振りで試合をひっくり返した。(安藤かなみ / Kanami Ando)