巨人丸、開幕からの“連続三振”「5」でストップ 第2打席で四球を選ぶ

©株式会社Creative2

29日の開幕戦は4打席連続三振、この日も第1打席で空振り三振

■広島 – 巨人(30日・マツダスタジアム)

 巨人の丸佳浩外野手が30日、広島戦で開幕からの連続三振を5でストップさせた。この日は第1打席で空振り三振に倒れたが4回の第2打席で四球を選んだ。

 前夜は古巣との開幕戦でまさかの4打席連続三振に倒れチームも敗戦。仕切り直しとなったこの日も「3番・中堅」でスタメン出場となったが、初回の第1打席は広島の先発・床田のスライダーに空振り三振を喫し5打席連続三振となった。

 2年連続MVPに輝いた丸の5打席連続三振にマツダスタジアムが異様な空気に包まれる中、迎えた4回1死走者なしで迎えた第2打席。フルカウントからの7球目のスライダーを見逃し四球を選んだ。(Full-Count編集部)