楽天・平石監督が“初勝利” オコエ逆転3ラン&ウィーラー4打点、救援陣も好投

©株式会社Creative2

楽天・オコエ瑠偉【画像:(C)PLM】

「監督」としては初勝利、ロッテドラ1藤原は4打数無安打

■楽天 9-3 ロッテ(30日・ZOZOマリン)

 楽天は30日、敵地ロッテ戦で9-3で快勝。平石洋介監督にとっては、開幕2戦目での記念すべき“監督初白星”となった。

 楽天は先発・美馬が2回にバルガスに先制適時打を浴びるも、直後の3回にオコエがボルシンガーから3ラン。右翼スタンドに運ぶ強烈な一発で逆転に成功した。

 さらに、5回は2死一、二塁の好機を作り、ウィーラーがセンターへ適時打。ボルシンガーをマウンドから引きずり下ろすと、続く銀次は高野からレフトへの適時二塁打。5-1と引き離した。

 その裏、美馬はレアードの2試合連続ホームラン、藤岡の適時内野安打を浴び、2点差とされる。しかし、6回に2死満塁の絶好を作ると、ウィーラーが右中間を破る走者一掃の適時二塁打。7回には嶋のソロ弾で6点差とした。

 美馬は5回5安打3失点で降板も、救援陣がリードを守って快勝。今季初白星を挙げた。平石監督は昨季途中から監督代行を務め、今季から昇格。これが「監督初勝利」となった。

 ロッテは開幕2連勝ならず。ボルシンガーが5回途中5失点(自責4)と苦しみ、2試合連続で「1番・中堅」でスタメン起用されたドラフト1位ルーキー藤原は4打数無安打に終わった。(Full-Count編集部)