4千頭の殺処分完了

愛知・瀬戸の豚コレラ

©一般社団法人共同通信社

 愛知県は30日、豚コレラ発生を27日に確認した同県瀬戸市の養豚場で、全4131頭の殺処分を終えた。死骸埋却や施設消毒といった防疫作業は4月2日に完了する見込み。

 愛知県では今月28日、4施設が集まる田原市の養豚団地の1施設でも感染を確認し、団地内全頭の殺処分を開始。29日には瀬戸、田原両市の別の施設でも判明した。

 終了済みも含めた全施設での処分頭数は計約1万4千頭に上る見通しで、県は他施設でも作業を進めた。

 岐阜県でも30日、美濃加茂市の養豚場での感染が分かり、県が全約700頭の処分を始めた。