「投手の協力あってのこと」 ホークス甲斐、圧巻の“キャノン”2連発

©株式会社Creative2

ソフトバンク・甲斐拓也【画像:(C)PLM】

4打席目で今季初安打「とてもじゃないけど、まだまだです」

■ソフトバンク 6-5 西武(30日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、圧巻の“甲斐キャノン”2連発を炸裂させた。30日、ヤフオクドームでの西武戦。5回、6回と相次いで西武の仕掛けてきた盗塁を阻止し、投手陣を救った。

 “1発目”は5回。2死一塁で森を打席に迎えると、1ストライクから2球目に源田がスタートを切った。ミランダのボールを捕った甲斐は素早いステップから見事なストライク送球。間一髪のところで、盗塁を阻止した。

 さらに6回に“2発目”が発動した。この回からマウンドに上がった川原が先頭の森に四球を与える。続く外崎の遊ゴロで走者が入れ替わると、栗山への3球目で外崎がスタート。甲斐は捕球前に左足を一歩踏み出してスローイングに移行すると、見事なストライク送球を送り、またしても盗塁を阻んだ。

 とはいえ、試合後の本人は冷静そのもの。「しっかり自分のやるべきことをしていくだけなので。投手の人の協力があってのこと。投手の皆さんが頑張ってくれているから」と語っていた。

 この日は8回の第4打席で三塁手のグラブを弾く内野安打を放ち、8打席目で今季初安打。「とてもじゃないですけど、まだまだです」という甲斐。打撃面ではより一層の結果が欲しいものの、“甲斐キャノン”は今季も他球団の脅威となりそうだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)