フェラーリ勢が1-2、フェルスタッペンは8番手【タイム結果】F1第2戦バーレーンGP フリー走行3回目

©株式会社サンズ

 F1第2戦バーレーンGP土曜日のフリー走行3回目(FP3)は、気温26.2度、路面温度39.7度のドライコンディションでの走行となった。

 現地時間15時00分から1時間で行われるFP3セッションは、日没後に行われる予選・決勝とはコンディションが違いすぎるため、タイムはそれほど参考にならないかもしれない。

 まずは各車チェック走行後、最初にトップに立ったのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の1分31秒617。続いてチームメイトのシャルル・ルクレールが1分31秒756で続いた。

 15分経過時点で、アルファロメオのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが3番手、4番手タイムをマーク。アルファロメオは前日のFP2で冷却システムに漏れがありほとんど走行できなかったため、予選で苦戦することが予想される。

 20分経過後、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1分31秒169でトップタイムに浮上。2番手はクビアト、3番手はベッテルとなった。

 まもなく30分経過というところで、ルイス・ハミルトンがコース外にはみ出そうになりながら、1分31秒016でトップタイムをマーク。

 一方、10番手のレーシングポイントのセルジオ・ペレスの左リヤタイヤが走行中にパンク。ペレスはそのままガレージへと戻っていった。

 40分経過後、ソフトタイヤで1分29秒569をマークしたルクレールがトップ、2番手ベッテル、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)というオーダーだ。

 セッション終盤に入り各車アタックを開始、まずはハースのロマン・グロージャンが1分30秒818で3番手に浮上。ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)は前方を走るマシンにひっかかり12番手の位置。

 セッション残り1分を切ったところで、ボッタスが3番手に浮上、しかしその後すぐにハミルトンがボッタスのタイムを塗り替えた。

 チェッカー後もフェラーリ勢のタイムを上回るドライバーは現れず、トップはルクレール、2番手ベッテル、3番手ハミルトンの順位となった。

 レッドブル・ホンダ勢は、フェルスタッペンが8番手、ガスリーは12番手という結果だ。

 予選はこの後、現地時間18時00分(日本時間:25時00分)から開始される。

2019年F1第2戦バーレーンGPフリー走行3回目 リザルト

Pos No. Driver Team Time Laps

1 16 S.ルクレール フェラーリ 1’29.569 15

2 5 S.ベッテル フェラーリ 1’29.738 16

3 44 L.ハミルトン メルセデス 1’30.334 10

4 77 V.ボッタス メルセデス 1’30.389 12

5 8 R.グロージャン ハース 1’30.818 14

6 27 N.ヒュルケンベルグ ルノー 1’30.910 12

7 4 L.ノリス マクラーレン 1’30.955 15

8 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’30.959 10

9 55 C.サインツJr. マクラーレン 1’30.965 14

10 26 D.クビアト トロロッソ・ホンダ 1’31.173 17

11 7 K.ライコネン アルファロメオ 1’31.333 21

12 10 P.ガスリー レッドブル・ホンダ 1’31.392 13

13 20 K.マグヌッセン ハース 1’31.540 13

14 18 L.ストロール レーシングポイント 1’31.618 16

15 11 S.ペレス レーシングポイント 1’31.638 9

16 3 D.リカルド ルノー 1’31.643 11

17 23 A.アルボン トロロッソ・ホンダ 1’31.679 17

18 99 A.ジョビナッツィ アルファロメオ 1’32.132 21

19 63 G.ラッセル ウイリアムズ 1’33.387 14

20 88 R.クビサ ウイリアムズ 1’33.525 13