阪神“スミ1”で4年ぶり開幕連勝、原巨人、与田中日初勝利 …30日セ開幕カードは?

©株式会社Creative2

阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】

阪神は初回に糸井の1号ソロを守り切り開幕連勝で首位

 セ・リーグは30日に開幕カード全3試合が行われた。巨人は初スタメンのゲレーロが4打点、ヤングマンが6回1失点の好投で初勝利、新守護神のクックも初セーブを挙げた。開幕戦で延長11回サヨナラ勝ちを飾った阪神は糸井の1号ソロを守り切り4年ぶりの開幕連勝、中日はベテラン山井の好投で今季初勝利を飾った。

 開幕戦で完封負けを喫した巨人が助っ人トリオの活躍で5-2で勝利。今季初スタメンとなったゲレーロが3安打4打点の活躍を見せれば、先発のヤングマンは6回4安打1失点の好投。さらに新守護神のクックは150キロを超える直球を軸に9回を3者凡退に仕留め来日初セーブを挙げた。

 延長11回の死闘を制して開幕勝利を飾った阪神は“スミ1”で逃げ切り4年ぶりの開幕連勝。初回に糸井が右翼ポール際に特大の1号ソロを放ち先制すると投手陣が1点を守り切った。先発の岩貞は6回1/3、1安打無失点の好投で今季初勝利。桑原、ジョンソン、ドリスの完封リレーでヤクルト打線をわずか1安打に封じた。

 中日は9-1でDeNAに大勝。3回に平田のタイムリー二塁打で先制すると4回には堂上、高橋、大野奨の適時打で3点を奪いリードを広げた。投げては先発の山井が5回2安打1失点とベテランの投球で初勝利を挙げた。DeNAは開幕戦で13安打8得点と打線が爆発したが、この日は4安打と沈黙した。(Full-Count編集部)