子どもたちの未来を守るために 「茨城県子どもを虐待から守る条例」が4月1日に施行されます

茨城県鹿嶋市 広報かしま2019年3月15日号

©株式会社VOTE FOR

【基本理念】何人も、虐待を決して行ってはならず、また、許してはならない
【主な虐待防止策】
・虐待の予防、早期発見、早期対応
・子どもへの支援、保護者を孤立させない社会づくり
・児童相談所の体制強化、虐待対応にかかる人材の確保・育成
【茨城県の独自規定】把握したすべての児童虐待事案を警察に情報提供など

■身体的虐
待殴る、蹴る、たたく、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせるなど

■ネグレクト(養育の怠慢・拒否)
家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど

■性的虐待
子どもへの性的行為やその行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど

■心理的虐待
言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV:ドメスティック・バイオレンス)など

●STOP!!児童虐待
虐待が疑われるときや子育てに悩んだときは、下記にご相談ください。相談内容などの秘密は守られます!

県福祉相談センター鹿行児童分室
【電話】0291-33-4119

近くの児童相談所への相談や連絡には、
【短縮ダイヤル】189(いちはやく)
をご利用ください!