日本海側中心に大気不安定

落雷や突風、ひょうなど注意

©株式会社ウェザーマップ

 31日(日)は、日本海側を中心に大気の状態が不安定で、落雷や突風、急な強い雨や雪、ひょうにも注意が必要だ。また、関東を除いた広い範囲で気温が平年を下回り、花冷えとなる所が多い見込み。

31日昼過ぎの発雷確率

 31日は、日本付近の上空にこの時季としては強い寒気が流れ込んでいるため、日本海側を中心に大気の状態が不安定となっており、局地的に雷雲が発生している。午後にかけても大気の不安定な状態が続くため、日本海側では山陰から東北を中心に落雷や突風、急な強い雨や雪、ひょうに注意が必要となる。

 また、東北では太平洋側にも雪雲が流れ込んでいるが、今夜にかけても岩手県内を中心に雪が降り、局地的に積雪が増えるおそれもある。車の運転などには十分な注意が必要だ。

31日午後6時(上)と午後9時(下)の雨と雪の予想

 一方、太平洋側では晴れる所が多いものの、冷たい風が吹き、気温は平年を下回る所が多い見込み。

31日の予想最高気温分布

 関東では、日中寒気の流れ込みが弱まるため、気温は14℃から17℃前後まで上がる予想となっているが、夜には冷たい風が強まるのとともに冷えてくる見込みで、夜桜見物などは厚手の上着があった方が良さそうだ。
(気象予報士・佐々木聡美)