春から新生活、超初心者へ贈る服選びのポイント

新生活特集

©TOYO Press

TOYO Press編集部

TOYO Press

TOYO Press編集部

TOYO Press

東洋大生による東洋大生のためのポータルメディア企画。

TOYO Press編集部の記事一覧を見る

新入生の方々、合格おめでとうございます!

大学は入ったらあっという間です。

親から
「合格通知が届いてるよ!」
という電話がきて、外出先にも関わらず大喜びしたのが昨日のようです…。

ぜひ大学生ライフを満喫してくださいね!!

大学デビューと服選び

さて、本題に移ります。
大学に入ることが決まったからには
「大学デビューして、彼女を作るぞ!!」
なんて思う人は少なからずいるでしょう。

(口には出さなくても心の中ではとか笑)

"あくまでも"僕の経験ですが、まずは「服」を買うのがいいと思います!!
やはり、装いを変えると、中身も少しは変わってきます。
その最初のステップとして僕の経験を交えて紹介していくので参考までに読んでいただければと思います。

陰キャでコミュ障だった僕は、かつて服を買わなさすぎて親が心配をさせ、
「お願いだから普段着れる服を買って」
と言われてお金を渡されたことがあります。
にも関わらず、近所のスーパーの服コーナーで緑色のジャージを買ってきて
「大学は毎日ジャージで行くんだ!!!」
と言うようなひねくれ者でした(黒歴史)。

そんな僕でもいざ"大学生活"となるとちょっとはオシャレに意識が向くようになりました笑
人間変わるもんなのかもしれませんね

話が逸れました。戻します。

服に無頓着なそのひねくれ者がどうやって服を買ったのか…

ここで、僕がしたポイントを3つまとめてみました!!

1初めは安い店で基本的なものを買い揃える

2誰かに一緒に見てもらう

3迷ったらマネキン買い

です!

少しだけ詳しく書きます。

1 初めは安い店で基本的なものを買い揃える

始めはファストファッションブランドの『GU』をお勧めします。理由としてはシンプルなものが多く、どんな服とでも合わせやすいものが多いからです。
それに加え、なんといっても安い。そのため、数を揃えられます。質より量ってことですね笑
まずはそこで買ったもので組み合わせていけば、何となく自分がよく着るものが分かってくるはずです。
気に入ったアイテムがあれば、もう少し高級なものにグレードアップするのもいいかもしれませんね!

2 誰かに一緒に見てもらう

これは今まで服を自分で買ってこなかった、なんて人にとっては一番大切かもしれません…。
とりあえず、友人についてきてもらうのが一番良いと思います。
もし友人を誘いづらいのであれば、店員さんに正直に言ってみるのも一つの手です。

話してみると意外と親身に相談に乗ってくれるので、ぜひ勇気を出して声をかけてみましょう!
(僕の場合はコミュ障なので、店員さんと話すのがつらいという理由で友人に来てもらいました)

3 迷ったらマネキン買い

これはほんとに楽です。見たものをそのまま買えばいいからです。
ただ、買ったはいいものの奇抜であったりすると、他と組み合わせづらく「そのコーデでしか着れない!」なんてこともあるのでご注意を…

慣れてきたら古着屋なんかに行ってみるのもいいと思います。
一風変わったものだったり、様々なものを見つけられたりするので個性を出せるようになるかと思います!
ジャージしか持ってなかった僕が、この3つのポイントで大学生活は何とかなっています笑

全くの無知から「〇〇君っておしゃれだよね!」と言ってもらえるまでに成長できるかもしれないので、ぜひ服選びに困ってる方がいたら参考にしていただければと思います。

最後に

"買いすぎてお金が無い"なんてことはならないように気をつけましょう……(経験者は語る)。

文:いわまつゆうき

疑問や依頼、お寄せください!

TOYO Pressでは、学生の皆さんの「知りたい!」に応えるべく、取材・記事化しています。ふとした疑問や調べてほしいことなど、Twitterアカウントから情報をお寄せください。可能な限り対応させていただきます。