【高校野球】明石商、来田のサヨナラ弾で4強進出 春夏通じて初

©株式会社Creative2

明石商が劇的なサヨナラ勝利

中森9回161球熱投で3失点完投

 第91回選抜高校野球は31日、準々決勝を行い、第4試合で明石商(兵庫)が智弁和歌山(和歌山)を4-3でサヨナラ勝ち。春夏通じて初の4強進出を決めた。

 明石商は来田の初回先頭打者弾などで2点を先制。3-1で迎えた5回に同点に追いつかれたが、3-3で迎えた9回で来田が2番手小林からサヨナラ右越えソロを放った。

 投げては中森が9回161球の熱投で8四死球、8安打3失点で完投勝利した。準決勝では東邦(愛知)と激突する。(Full-Count編集部)