松井氏、吉村氏がリード

大阪市長・知事ダブル選情勢

©一般社団法人共同通信社

 共同通信社は29~31日、大阪府知事と大阪市長のダブル選に関し電話世論調査を実施し、取材結果を加味して情勢を探った。市長選は政治団体・大阪維新の会代表の前知事松井一郎氏(55)が、自民党推薦で無所属の元市議柳本顕氏(45)を頭一つリードし、知事選は大阪維新新人の前市長吉村洋文氏(43)を自民推薦で無所属の元副知事小西禎一氏(64)が追う。

 両選挙とも3割近くが投票先を未定とし情勢は変化する可能性がある。ダブル選はともに新人同士の一騎打ちで、柳本、小西両氏は公明党府本部の推薦や立憲民主、国民民主、共産各党の地方組織の支援を受け、維新対反維新の構図だ。