巨人鬼門マツダで2年ぶり勝ち越し、DeNAは劇的サヨナラ …31日セ開幕カードは?

©株式会社Creative2

巨人・原監督【写真:Getty Images】

巨人は鬼門マツダスタジアムで2年ぶりのカード勝ち越し

 セ・リーグは31日に開幕カード全3試合が行われた。巨人は広島に勝利し2017年7月以来、2年ぶりとなるマツダスタジアムでの勝ち越しを決めた。ヤクルトは少ないチャンスをものにし今季初勝利。DeNAは代打・佐野が劇的なサヨナラ打を放ちカード勝ち越し。

 鬼門のマツダスタジアムで巨人が6-3で勝利し最高の開幕スタートを切った。1点を追う2回にゲレーロの1号2ランで逆転したがその後は追いつき追い越されのシーソーゲーム。それでも同点の9回に吉川尚が2点タイムリー二塁打、坂本勇の適時打で3点を奪い勝ち越しに成功。2年ぶりのマツダ勝ち越しを決めた。

 ヤクルトは2-1で阪神に勝利し今シーズン初勝利を挙げた。初回にバレンティン、雄平の連続タイムリーで2点を奪うと、日本ハムからトレード移籍した先発の高梨が6回1失点の好投で移籍後初勝利。阪神はFA移籍の西が7回4安打2失点と好投を見せたが打線の援護なく初黒星を喫した。

 DeNAは3-2で中日に勝利。劇的なサヨナラ勝ちで開幕カードを勝ち越しを決めた。2-2の同点で迎えた9回。先頭の大和が中前安打で出塁すると、途中出場の嶺井が犠打、楠本も中前安打で続き一、三塁とサヨナラのチャンスを作ると代打・佐野が左前タイムリーを放ち試合を決めた。(Full-Count編集部)