ザニオーロの二の舞は避けるべし インテルが評価する”17歳”の点取り屋

©株式会社FACTORIES

世代別イタリア代表に選ばれるサルチェード photo/Getty Images

現在ローマでブレイクするイタリア代表MFニコロ・ザニオーロといえば、インテルに所属していたことで有名だ。インテルでは出番が与えられず、昨夏にローマへ移籍。そこでブレイクを果たし、A代表にも召集される選手へと成長した。インテルとしてはあっさり手放してしまったことに後悔もあるだろう。

伊『Calciomercato』は、インテルもザニオーロの一件から学ぼうとしていると伝えており、現在は1人の若手FWに注目している。昨夏にジェノアからレンタルで加わっている17歳のイタリア人FWエディー・サルチェードだ。

イタリアの世代別代表に選ばれているサルチェードは、今季U-19のカテゴリーで19試合11得点の数字を残している。同メディアはインテルがサルチェードを残したがっていると伝えており、完全移籍で獲得する考えだ。

この若き才能にはドルトムントも興味を示しているようで、ザニオーロと同じく数年後に化ける可能性がある。問題はトップチームでチャンスを与えられるかどうかだが、ザニオーロのように辛抱強く起用すれば一気にブレイクするかもしれない。

インテルは若手育成に苦労してきたところがあるが、下のカテゴリーで結果を出しているサルチェードを数年後の戦力とできるのか。