平成31年度高齢者肺炎球菌 定期予防接種のご案内

東京都国立市 市報くにたち2019年3月20日号

©株式会社VOTE FOR

平成30年度に終了を予定していた経過措置を、平成31年度(2019年度)から35年度(2023年度)の間についても引き続き実施することになりました。

市内に住所を有し、過去に高齢者肺炎球菌の予防接種を受けたことがない方のうち、平成31年度(2019年度)に下表の年齢となる方を対象に、高齢者肺炎球菌定期予防接種を実施する予定です。接種対象となる方には、4月初旬に予防接種券を郵送します。接種券が届きましたら、指定医療機関に予約のうえ、接種券、健康保険証、高齢受給者証(お持ちの方)を持参のうえ、接種を受けてください(市への事前の申込は不要です)。接種券の有効期間は、平成31年4月1日(月)から32年(2020年)3月31日(火)までです。

なお、国立市以外の指定医療機関(府中市、国分寺市)にて接種を希望される方は、国立市発行の予診票が必要です。事前に問へ電話で連絡のうえ、お取り寄せください。なお、過去に高齢者肺炎球菌の予防接種を受けたことがなく、接種日当日に60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能にしょうがいを有し、そのしょうがいにより1級の身体障害者手帳をお持ちの方のうち、高齢者肺炎球菌の予防接種をご希望の方は、問へご連絡ください。