パチンコ台入れ替え自粛

G20、大阪と愛媛800店

©一般社団法人共同通信社

 大阪市で6月に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせ、大阪府と、関連閣僚会合が開かれる愛媛県にあるほぼ全てのパチンコ、パチスロ店計約800店が、新台設置など台の入れ替えを自粛することが、パチンコ店の全国組織「全日本遊技事業協同組合連合会」(全日遊連)への取材で2日分かった。

 風営法では、遊技台の入れ替えや増設などは警察署に申請し、都道府県の公安委員会から承認を受ける必要がある。G20首脳会合の警備で負担が増す警察に配慮した。警察が業界側へ要請や協議をして自粛が決まった。