健康増進法の改正 たばこ対策を推進しています

熊本県山鹿市 広報やまが平成31年4月号

©株式会社VOTE FOR

受動喫煙を防止するため、多くの人が利用する施設では、一定の場所を除いての喫煙が禁止されます。また、喫煙者や施設管理者が行うべき対策が義務付けられました。

■受動喫煙とは
たばこを吸わない人が、たばこを吸う人(喫煙者)と同じ空間にいることで、自分の意思とは無関係にたばこの煙を吸わされることです。

◇法改正の概要
(1)喫煙者は、喫煙時に受動喫煙が生じないよう、周囲に配慮しなければなりません。
(2)多くの人が利用する施設の管理者が、その施設の喫煙場所を定めるときは、受動喫煙が生じない場所となるよう配慮しなければなりません。
(3)7月1日(月)から、学校、病院、行政機関庁舎(主に事務を処理する施設)、児童福祉施設などにおいては、敷地内禁煙となります。ただし、屋外で「受動喫煙を防止するために必要な措置がとられた場所」に、喫煙場所を設置することができます。
(4)平成32年4月1日(水)から、(3)以外の多くの人が利用する施設においては、原則として屋内禁煙となります。

改正のより詳しい内容は、厚生労働省ホームページをご覧ください。
「厚生労働省 受動喫煙対策」で検索。