北神急行線と市営地下鉄の一体的運行、神戸市と阪急グループが合意

©株式会社エキスプレス

神戸市は2019年3月29日、市営地下鉄との一体的運行について、阪急電鉄グループと基本合意に達したことを発表しました。

北神急行線の譲渡については昨年末から神戸市と阪急電鉄株式会社の間で協議が行われており、12月27日には「北神急行線に関する阪急電鉄株式会社と神戸市の協議開始について」の記者会見を実施しています。当時の様子はこちらの記事をご覧ください。

運賃高い、人口減少、財政圧迫、実は災害に強い…リアル事情いろいろ【記者会見動画】北神急行電鉄北神線を神戸市交通局が一体的運行_阪急阪急HDからの資産譲受ついて協議開始

協議開始から基本合意までおよそ3ヶ月。神戸市交通局の発表によれば、一体的運行後の運賃については谷上~三宮間の運賃がおよそ280円となる水準を目指すこと、遅くとも2020年10月1日までには一体的運行を実施すること、また北神急行線にかかる関連資産の譲渡価格はおよそ198億円(税別)となります。(債務は阪急などが負担する形となります)

北神急行電鉄と神戸市交通局の地下鉄を直通で利用した場合、従来は双方の初乗り運賃がかかっていました。今回の一体的運行は運賃を大きく引き下げることで利便性の向上を図り、一日数千人以上の乗客増、三宮と北部地域の活性化につなげたいものと見込まれています。

この看板も変わっちゃったりするのでしょうか?