【プレミアリーグ】アーセナルがクリーンシートでホーム10連勝を達成!トッテナムを抜いて3位に浮上する

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

プレミアリーグ第32節でマンデーナイトマッチが行われ、アーセナルが本拠地エミレーツ・スタジアムにニューカッスル・ユナイテッドを迎えた。

【プレミアリーグ】ニューカッスル戦で“エジル・マジック”披露となるか⁉︎停滞するチェルシーは勝利あるのみ! 第32節プレビュー 〜Part2〜

リーグ戦とUEFAヨーロッパリーグで好調を維持するアーセナルは、インターナショナルマッチウィークでの疲労を考慮し、ヘンリク・ムヒタリアンやピエール=エメリク・オーバメヤンをベンチに温存してニューカッスル戦に臨んだ。アーロン・ラムジーのシュートが惜しくもノーゴールの判定になるなど序盤から攻勢にでるアーセナル。すると30分、アレクサンドル・ラカゼットがペナルティエリア内でドリブルを仕掛け、DFに当たってボールがこぼれる。反応したラムジーが左足を振り抜いてネットを揺らし、アーセナルがリードして試合を折り返す。

【プレミアリーグ】シーズン終盤に向け気を引き締めるエメリ監督「4月の試合がカギを握る」

後半に入りオーバメヤンやムヒタリアンを投入すると、アーセナルがさらに攻勢を強める。83分、ラカゼットがオーバメヤンと距離の長いワンツーでディフェンスラインの背後に抜け出し、相手GKの動きをみて冷静にループシュートを放つ。ボールはゴールに吸い込まれ、アーセナルが追加点をゲットする。その後も武藤嘉紀が途中出場したニューカッスルを寄せ付けずクリーンシートで勝利。ホーム10連勝を達成しトッテナム・ホットスパーを抜いて3位に浮上した。

ホーム10連勝でアーセナルが3位浮上