小池氏の人事は天下りの極み

自民・萩生田氏が批判

©一般社団法人共同通信社

自民党の萩生田光一幹事長代行、小池百合子東京都知事

 自民党の萩生田光一幹事長代行(党東京都連総務会長)は2日の記者会見で、小池百合子東京都知事が都出資の監理団体「東京水道サービス」社長に自身の元特別秘書を推薦する人事を批判した。「小池氏は役人が関連団体に入るのを『けしからん』と言っていた。天下りの極みだ」と述べた。

 元特別秘書の野田数氏は同社が担う事業の専門家ではないのに、1400万円の報酬をもらうことになると指摘。「都民の期待に応えるだけの仕事ができるかどうか、しっかり見たい」と語った。