豚コレラの防疫作業完了、愛知

田原市の養豚場

©一般社団法人共同通信社

 愛知県は2日、豚コレラ感染を3月29日に確認した同県田原市の養豚場で、殺処分した全約千頭の死骸埋却や施設消毒といった防疫作業を完了した。

 愛知県では同27~29日、立て続けに4例が判明した。田原市で28、29日、瀬戸市で27、29日にそれぞれ別の施設で感染が分かった。いずれも既に殺処分は終えており、県は29日の田原市の養豚場以外の施設での防疫作業を進めている。

 各施設から10キロ内では出荷などが制限されている。3~10キロでは防疫作業完了から17日経過後、3キロ内では28日経過後に解除される。