池江選手へメッセージ募る

競泳の日本選手権会場で

©一般社団法人共同通信社

競泳の日本選手権が開幕した東京辰巳国際水泳場で、闘病中の池江璃花子選手に向け書かれた応援メッセージ=2日午後

 日本水泳連盟は2日、競泳の日本選手権が開幕した東京辰巳国際水泳場で、白血病と闘っている女子の18歳、池江璃花子選手(ルネサンス)への応援メッセージを募る企画を始めた。

 はがき大の色紙を5千枚用意。決勝に進出した選手には直接色紙を手渡し、励ましの言葉などを書いてもらう。一般客の入場口脇に記入スペースを設け、最終日の8日まで観客からもメッセージを募集する。色紙は大会終了後、池江選手へ届ける。

 都内のスイミングクラブで背泳ぎの選手として練習に励む前田葵さん(11)は「いつも記録を更新する姿をまた見たい。早く元気になって、泳いでほしい」と願った。