県内警戒「攻めの防疫」 アフリカ豚コレラ、中部空港で確認

©株式会社宮崎日日新聞社

 中国からの旅客が持ち込んだ豚肉製品に、感染力のあるアフリカ豚コレラのウイルスが2日、中部空港で確認されたことを受け、豚の飼育頭数が全国2位の本県では、関係者が警戒感を強めている。